▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 メニュー

[ ユーザーの皆さんから頂いたご感想など ]   

[ 製品概要 ]
[ 主な機能 ]
[ 価格 と 適合車種 ]
[ 送料について ]
[ ご注文・ご質問 ]
[ 皆様からのご感想 ]


ハンドルスイッチ信号変換ユニット VAB 専用






より 安全性 を求めて!



ユーザーの皆さんから頂いたご感想などを掲載しております! 


【 関連記事 】
別途必要な純正パーツ ( ハンドルスイッチ等 ) について 

VAB のハンドルスイッチ詳細 
VAB に S4 や レヴォーグ用パドルの取付詳細


SI-DRIVEオート化ユニットの上手な取り付け方 ( 取り付ける時の注意点など ) 
SI-DRIVEオート化ユニットの上手な使い方 ( 上手に切り換えるコツ ) 

アクセル配線に結線する際の市販品ハーネス流用方法 



主な機能



WRX-STI ( VAB ) に、WRX-S4 等の ハンドルスイッチパドル を移植して、下記の操作を可能にします。

1.SI-DRIVE の操作

2.マルチモード VDC の操作

3.マルチモード DCCD の操作

4.挨拶ハザード ( サンキューハザード )の操作
多機能システムユニット との連動など
多機能システムユニット が無くてもハザード操作は可能です。

5.市販のクルーズコントロールの操作
市販の社外クルコンの併用は、今のところ下記製品のみ対応
ブログ記事 「 ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310
ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310 第1話 取付詳細
ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310 第2話 純正スイッチの接続
ヴァイナテック製 リニアクルーズ LC310 第3話 設定について

6.パドルで DCCD、または、SI-DRIVE の操作
WRX-S4 用 パドルを使って、DCCD や SI-DRIVE の操作が可能になります。

7.MID と MFD を切替操作
ハンドルスイッチで、マルチインフォメーションディスプレー ( MID ) と マルチファンクションディスプレー ( MFD ) を切替操作可能に!
切替機能を使って、MID用スイッチを MFD スイッチとして利用可能になります。
MFD でバックモニターを切替できる車両なら、ハンドルのスイッチでバックモニターが切替可能に!
これは超便利!! 
後方確認がラクにできて安全性がアップ!

8.SI-Auto タイプ III
タイプ II の軽量版で、VAB 専用になっています。

9.VDC 自動切替

10.DCCD 自動切替




VAB にハンドルスイッチ等を移植し、ユニットを繋ぐと上記の機能が使用できるようになります。





さらに市販の社外クルコン ( クルーズコントロール ) を併用すると クルコン機能も切り替えて使用できます。



 

アプライドモデル D 型用のハンドルスイッチも使用可能です。 




価格 と 適合車種



品名 : ハンドルスイッチ信号変換ユニット
価格 :
 
¥10,000円
※ スバル純正ハンドルスイッチ & パドルは含まれません。別途ご用意下さい。
内容 :
 
 
 
ハンドル信号変換ユニット本体
ハンドルスイッチへ繋げる部分の分岐ハーネス付き ( ハンドルスイッチ側はカプラーオン )
取付・取扱説明書 A4 サイズのフルカラー写真入り
動作&設定確認用 LED ユニット ( 貼り付け式、または、埋め込み式 選択可 )

 

 
貼り付け式は、両面テープで貼り付けるだけの簡単仕様です。
埋め込み式は、純正パネル等に穴開け加工して埋め込んで下さい。
( 埋め込み用 LED マウント付き )

 
↑ 貼り付け式 の設置例。


↑ 埋め込み式の設置例。

これはあくまでも 一例ですので、お好きな位置に設置して頂ければと思います。


適合車種 : WRX-STI ( VAB 専用 )  アプライドモデル A 〜 F 型 

S208 など、純正で既にパドル流用を行っていたり、 通常車両とハンドルスイッチ用の配線が異なる車両では 適合外となります。


別売オプション :

多機能ユニット接続キット ¥1,000円

多機能システムユニット と併用する場合、このキットでハンドルスイッチ変換ユニットと繋げると ハンドルスイッチで挨拶ハザード ( サンキューハザード ) や、各種設定用スイッチとして利用可能です。
多機能システムユニット本体および付属品等 は含まれません。




送料について

発送先は国内に限ります。

[ クロネコヤマト宅急便 ]
到着日時の指定出来ます
全国一律 ¥780円

[ 郵便局レターパックプラス ]
到着日時指定不可
全国一律 ¥520円

大変申し訳ありませんが、他の商品との同梱は出来ません。
商品毎に別発送になります。


宅配便は、通常の手渡し配達される 「 宅急便 」 です。
( ポストに届くタイプではありません )
宅配便で到着日時をご指定する場合、入金確認後にメールでご連絡下さい。

レターパックは発送時に到着日・到着時間帯の指定が出来ませんが再配達など受取時に時間帯指定が可能です。




ご注文は、こちらから



【 貼り付け式 LED タイプ 】
ハンドル信号変換ユニット 発送方法 送料込み価格  
本体 クロネコヤマト宅急便 ¥10,780-
本体 + 多機能ユニット接続キット クロネコヤマト宅急便 ¥11,780-
本体 レターパックプラス ¥10,520-
本体 + 多機能ユニット接続キット レターパックプラス ¥11,520-
多機能ユニット接続キットを使用するには、別途「 多機能システムユニット 」 が必要です


【 埋め込み式 LED タイプ 】
ハンドル信号変換ユニット 発送方法 送料込み価格  
本体 クロネコヤマト宅急便 ¥10,780-
本体 + 多機能ユニット接続キット クロネコヤマト宅急便 ¥11,780-
本体 レターパックプラス ¥10,520-
本体 + 多機能ユニット接続キット レターパックプラス ¥11,520-
多機能ユニット接続キットを使用するには、別途「 多機能システムユニット 」 が必要です


【 オプション単体 】
商品タイプ 発送方法 送料込み価格  
多機能ユニット接続キット 単体 クロネコヤマト宅急便 ¥1,780-
多機能ユニット接続キット 単体 レターパックプラス ¥1,520-


大変申し訳ありませんが、他の商品との同梱は出来ません。( 商品毎に別発送になります )

多機能ユニット接続キットには、「 多機能システムユニット本体および付属品等 」 は含まれません。
多機能システムユニットに関しては、こちらのページをご参照下さい。



ご注意事項

頂いたご注文には、「 ご注文の控えのメール 」 を自動返信にてお出ししております。
こちらでご注文内容を確認後、特別な場合を除き必ず24時間以内に 「 受付完了メール 」 を返信しております。
イベント・出張等の場合は、ご返信が遅れる場合が御座います。
あらかじめご容赦のほど宜しくお願い致します。


こちらからのメールが届かない場合は、入力欄でメールアドレスを間違って入力された可能性があります。
また、迷惑メールフィルターの誤動作でフィルターに引っかかるケースもあります。

返信が無い時は、アドレスや迷惑メールフォルダの確認を行って下さい。

特に Yahoo! メールをお使いの場合は要注意です。
迷惑メールフィルターがよく誤動作して、迷惑メールフォルダ内に移動している場合が多いです。
1 〜 2 度ふつうに受信出来ても、突然迷惑メール扱いになってしまうこともよくあります。
お取り引き中は、迷惑メールフォルダ内も注意してチェックしてみて下さい。

ご協力よろしくお願い致します。 


※ ケータイのアドレスはご遠慮下さい。メールはパソコン用アドレスを入力して下さい。


当サイト通販で過去にご連絡が取れずにキャンセルとなってしまった方、お話しが上手く通じない方、 過去にお断りさせて頂いた方、当方判断にてイタズラと思われるご注文の場合は、受付をお断り致します。
この場合、すみませんが 「 受付完了メール 」 の返信は控えさせて頂きます。
あらかじめご容赦のほど宜しくお願い致します。




よくあるご質問とその回答



販売に関する表記事項

通販窓口
IMPREZA-NET まさ!
ホームページ
 
http://www.impreza.gr.jp/
 
連絡先




当方の住所・氏名およびTELは受付完了メールに記載。

個人売買のためこの場での公開は行っておりません。
オークションや個人出店型のショッピングサイトと同様に ご購入者様だけにお教えする仕組みです。
商品代金以外の料金

振込手数料 ( 銀行振込・郵便振替 )
郵便送付料金、または宅配便送料金
代金の支払い方法
前払いでお願いします。
ご注文の有効期限



受付完了メール送信日から約1週間以内にご送金願います。
( こちらから送るメールに期限がかいてあります。)
メール送付後、期限内にご入金またはご連絡が無い場合は キャンセルとさせて頂きます。
あらかじめご理解ご容赦願います。
商品の引渡時期
受注生産のため納期はある程度の日数がかかります。
返品の可否

製品の性質上、基本的にノークレーム・ノーリターンでお願いします。
( 製造に起因する初期の不良に限り交換致します。)
キャンセルの扱い
代金ご入金後のキャンセルは出来ません。

下記事項に合意頂けることを条件にユニットをお譲り致します。

発送先は国内に限ります。また、日本語で正しくやり取りが出来る方を対象としております。
お申し込みはパソコンメールのみで、携帯電話からのメールでは受付出来ません。
iPhone やスマートホン等のメールは文字化けが多く、届いても読めないことがあります。
必ずパソコンを使ってメール送信して頂きますようお願い致します。
本製品は個人のハンドメイド品です。
工場で作られる大量生産品と違い、個々に個体差など多少のバラつきがある場合があります。
基本的に素人工作です。あらかじめご理解ご容赦下さい。
当製品にはいくつかリレーを使用しております。
リレーはその仕様上の理由、またはご使用環境や取付方法、ご使用される人の使用状況等によっては通常よりも早く寿命がくる場合があります。
ある程度消耗品としてお考え下さいますようお願い致します。
当製品を使用中及び取り付け中に何らかの被害が発生しても保証・補償は一切出来ません。
製造に起因する初期の不良以外は一切の製品保証を致しません。
製品不良による作業工賃 ( 取外し・再取付け ) の補償は致しません。
他社製品との相性、車両個体差等によって一部の機能が上手く動作しない可能性もあります。
当製品に限った話ではありませんが、電子パーツは高温、湿度の高い所などでは誤動作したり故障の原因になったりします。
車内は適度にエアコン等で温度や湿度を下げた状態でご使用下さい。
夏場の日中、炎天下になる場所に駐車している車両の場合、LEDユニットはダッシュボード上などへの設置は避けて下さい。
直射日光の当たらない場所や、熱の影響を受けにくい場所に設置するようにして下さい。
ここ数年、夏場は記録的な猛暑が続いています。
当ユニットに限らず電子機器製品は基本的に高熱にさらされ続けると故障の原因になります。
熱によるケースの変形・変色を起こす可能性があります。
もし、LEDユニット を熱の影響を受ける場所に設置する場合は、消耗品として定期的に交換される事をお薦め致します。
マルチモードVDCはその仕様上、正常と言われる状態でも警告灯が点灯する場合があります。
( これは WRX の純正仕様です。詳しくは新車時添付の車両説明書をお読み下さい。 )
そのため、車両の状態によってはエンジン始動後の切り替えが上手く出来ない可能性もあります。
基本的に純正スイッチを操作するのと同様の動作になります。
純正スイッチで切り替えが出来ない状況下では、どの機能も純正スイッチと同様に動作致しません。
お申込みされる前にご自身のお車のエンジンをかけてDCCDの動きを確認して下さい。
すぐに VDC や DCCD のスイッチを操作して切り替えが正しく出来るか念のため事前確認を必ずして下さい。
純正状態で切り替えの上手く出来ない車両に取り付けても純正スイッチと同様にしか作動しません。 
強引に切り替わったりしませんのでお間違えのないようお願い致します。
DCCD 操作する場合、タイヤ空転時に操作を行わないで下さい。
タイヤの空転が止まってから操作して下さい。これは WRX の仕様で純正スイッチでも同様です。
また、上記以外のその他の操作も WRX の仕様の範囲内でご使用下さい。
代金ご入金後のキャンセル及び返品は一切出来ません。
領収書等の発行は致しません。
仕様及び外観は改良のため予告なく変更することがあります。
適合車種については慎重に確認を行っています。
メーカーが年改以外で行った仕様変更車や現状がメーカー発行資料と違う車両の場合は一部または全ての機能が適合しない場合があります。
あらかじめご理解ご容赦のほどお願い致します。
( 無論この場合は出来る範囲で対応致します。 )
製品に関するサポートはメールのみとなります。
本製品の性質上、掲示板サポートは行えません。
本製品を取付後、必ず定期的に取付状態が正常かどうか点検を実施して下さい。
車両に車検があるように、取り付けた物も定期的にチェックを行わないとトラブル発生の原因になります。
必ず定期的に配線や結線具合など確認を行って下さい。
当方の定める基準に達していない場合、ご注文をお受け出来ない事が御座います。

個人情報について。。。

アフターサポートについて。。。
 


備考

【 開発中のブログ記事 】
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その1 開発中情報 
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その2 開発中情報 
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その3 開発中情報 
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その4 開発中情報 
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その5 開発中情報 
・ [ Blog ] ハンドルスイッチの信号変換ユニット その6 開発中情報 




記事掲載日 : 2016.07/01
最終更新日 : 2021.06/19