▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
EJ20改 公認 2.2 リッター化
 

第2話 使用パーツについて


 
 【 これまでのお話 】
 
   [ blog ] VAB EJ20 改! 公認 2.2 リッター化
   第1話 2.2 リッター化の本当のメリットとは?!
 
 
 
 【 使用パーツについて 】
 
 
 ↑ 2.2リッター化の主なパーツです。
 
 
 以下にご紹介するのが t-get 境さん 推奨、2.2リッター化の基本メニュー。
 
 
 ↑ メタルは WPC 処理した物を使います。
   クランクは HKS 製の削りだし品です。
 
   HKS製クランクは、高精度 & 高剛性。
   パワー & トルクを引き出すための必需品ですね〜
 
   サイズ的には純正 EJ25 クランクと同じですが、安心してパワーがかけられて、ガンガン回るエンジンにするには
   純正クランクでは荷が重すぎです。
 
   ここは非常に重要な部分。
   いくつもエンジンを作ってきた t-get 境さんも 「 良いエンジンにするにはこれを使わないと 」 と語る太鼓判アイテム。
 
 
 
 
 ↑ HKS製の H断面コンロッドと、鍛造ピストン。
 
 純正ピストンは鋳造品ですからね。。。
 サーキット等でハードな走りをすると棚落ちしやすいです。
 走行会によく行く人なら、棚落ちしたエンジンのお話しはよく聞くことと思います。
 
 やっぱり安心してブン回したい場合は、強度が非常に高い HKS製の鍛造ピストン ( 表面コート処理済み )と、
 H断面コンロッドが必須です。
 
 
 
 
 ↑ TOMEI 製の強化タイミングベルトと、タイミングベルトガイド。
 
 エンジン内部をいじる時は、定番パーツです。
 
 
 
 
 ↑ TOMEI 製のオイルパンバッフルステフナー。
 
 こちらも定番ですね。
 
 オイル循環を安定・改善する役割と、クランクケースの剛性アップを目的としています。
 この 2つの機能により、メタル等のトラブルが大幅に改善。
 EJ のチューニングエンジンには、無くてはならないパーツ。
 
 
 
      
 ↑TOMEI 製の タイミングベルト、ベルトガイド、バッフルステフナー装着例
 
 
 
 
 ↑ こちらも TOMEI 製。 知る人ぞ知る、強化メインボルト。
 
 これ、かなり重要なパーツです。
 
 
 
 
 ↑ 基本的にはオーバーホール作業になりますので、当然ヘッド側も整備します。
 
 傷んでいる場合はバルブ交換、バルブシート打ち替え、バルブ摺り合わせなどなど。
 バルブシムもしっかりと新品交換。
 
 
 
 
 ↑ ボーリング加工済みのシリンダー
 
 ボーリングでエンジンの性能が決まると言って過言ではなく、とても重要な加工です。
 純正よりも 5ミリオーバーサイズのピストンが入るよう、極めて精密に加工を施します。
 ( 使用するピストンの微かな個体差に合わせ、ピストンごとに個別にシリンダーを加工 )
 
 
 基本メニューとしては、ここまでです。
 これらのパーツを、ひとつひとつ丁寧に組み上げて 2.2リッターエンジンが出来上がります。
 無論、希望すれば次のメニューとして更にスペシャルアイテムの導入や、各種加工処理もやってもらえます。
 
 
 
 さて、今回はここまで。 m(_ _)m
 次回をお楽しみに!
 
 
 

備考

 
 関連ページ : t-get ( ティーゲット )
 
 ※ 記事掲載日 : 2017/01/03

ページの上部へ