IMPREZA-NET

▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
GReddy Profec + Profec MAP 徹底攻略!

やりこみセッティング第1話 導入編
GReddy Profec + Profec MAP について ( EVC との比較 )



GReddy Profec + Profec MAP 徹底攻略! やりこみセッティング第1話 導入編




EVC 以外のブーストコントローラーは、マジで久しぶりですね (^^ゞ

いろいろと過去を振り返ってみると・・・
GDB に乗ってた頃は、APEXi 製の AVC-R を長いこと使っていました。
現在から 20年近く昔のことになります。
これと並行に知人の GDB で、EVC3 や、EVC-Pro、それと当時の PRofec B-specII もいじり回してました。
自分の GDB も途中から EVC5 に付け替えたのが現在から 12年ほど前。
GRB に乗り換え以降は EVC6 。
VAB になってからは EVC6-IR 2.4 をずっと使ってましたが、今、GReddy Profec + Profec MAP へと。
いや〜、思い返すとなんだか懐かしいですね (笑)


GReddy Profec + Profec MAP は、もう発売されてから結構経ちますが、
実は発売当初より気になっていたんですよ。
その魅力はなんと言ってもマップの多さ。
それも 「 ギヤ別マップ 」 が有るのが最高に惹かれます!!
先にも書いたように、私のブーストコントローラーの原点は AVC-R ですし
AVC-R に有ったギア別設定の有用性は言うまでもないところ。

ブーストのかかりにくい低いギアではブーストのかかりやすい設定を。
逆にブーストのかかりやすい高いギアではブーストを抑える設定に出来るワケです。


EVC にはギア別の設定が存在しないので、走行条件によって A、B、C の 3つの設定に割り振り
それを切り替えて使用したり、ワーニングとドロップブーストの設定により上限を抑えることで
高いギアでのブーストのかかり過ぎを防止します。
まあ、ギア別設定が無くても不具合は無いって言えばそれまでですが。。。

やはりセッティング好きの私としては、かかり過ぎの時にワーニングで警告音を鳴らしまくるよりも
ギア別設定でスマートに制御したい …ってゆーのが本音かな (笑)

↓ HKS の EVC6-IR 2.4 の場合

↑ EVC は設定の切替と、ワーニング & ドロップで走行条件の差に対処




↑ これは Profec MAP 。

Profec MAP は、「 GReddy Profec 」 に追加するオプション品。
箱の写真にある 「 GReddy Profec の本体 」 は付属しない (^^ゞ

先ほどから述べている 「 ギア別の設定 」 も含めて各種制御用マップはこれがないと使用できません。



↑ 箱の中身はこんな感じ。( あと、パソコンと繋ぐ USB ケーブルが付属してました )

肝心のソフトウェアは、トラストのホームページでダウンロード。
Windows XP、Windows 7、Windows 10 (64bit) でインストールテストしてみたところ
全てインストール出来て、今のところ問題無く動いています。



↑ 車両に合わせてギア数をセット

エンジン回転数と速度の関係から走行中のギアを判別する仕組み。



↑ ハイブースト・ローブースト の 2つの切替毎に各ギアのマップが作れる



↑ 各マップはこんな感じ

上の画像は、「 ギアが 1速の時 」 の回転数とスロットル開度でのマップ。
これが 6速分あり、さらに ハイ・ロー の 2パターン記憶可能。

このほかにも通常のブースト制御マップが ハイ・ロー の 2パターン、
さらに水温センサー等を使った温度制御マップもある。
すべて合わせるとマップは 9種類。
( ギア別は 1〜6速 を 1セットと数えて、その他と合わせて全部で 9セット分のマップがある )



↑ GReddy Profec のソレノイドバルブ ( 100円玉はサイズ比較用 )

EVC と比べた場合、皆さんが一番気になるのはソレノイドバルブかな。
EVC のブースト制御はソレノイドバルブではなく、速さと正確さが売りのステッピングモーター。
ソレノイドバルブとステッピングモーターを比較すると、どうしてもステッピングモーターに
軍配が上がるように思えるけれど、実は私は全然そうは思っていません。

それはなぜかというと。。。

 
↑ EVC の 「 サンプリングタイム 」 と 「 ノーマル最大ブースト 」 の設定

ある意味、EVC のキモ と言えるのがこれ。
「 サンプリングタイム 」 と 「 ノーマル最大ブースト 」 の設定です。

「 サンプリングタイム 」は、制御スピードを決めるパラメーターなんですけど
速く制御させるほどブーストを抑え込むのが速くなってしまいます。
つまり、ブーストの勢いが無くなるってゆーか、加速時の迫力が無くなります。
速い制御ほどオーバーシュートが無くなって、その瞬間的なパワーが得られません。
ステッピングモーターの利点を活かすほど、物足りないクルマに仕上がってしまう気が (^^ゞ

「 ノーマル最大ブースト 」 のほうは、どこから EVC が働くか、という設定。
逆に言うと、この数値に達するまでは EVC は働かないって事です。
低くするほどブースト初期段階から効いて、ブーストのかかりも鋭くなるけれど
実際のノーマル最大ブースト値よりズレていると全体的な制御の精度が悪くなります。
だから実際により近い数値にするべきなんだけどね。
でもそうすれば当然ながら ブースト初期の鋭さがスポイルされやすい。

…で、この 2つを良いところでバランスの取れたセッティングにしていくと
ソレノイドバルブとだいたい同じ速度って感じかな。

無論、これは私の好みのセッティングでの話です。
セッティングの方向性によってはステッピングモーターが優位な場合も当然あるでしょう。


では、GReddy Profec + Profec MAP の場合はどうかというと。。。



「 START TYPE = CONTROL 」 で、ブースト初期から積極的に制御を行い
ブーストのかかりが速く、そして鋭くなります。

「 START BOOST 」 で定めたブースト値になるまで、最大スピードでブーストが上がるよう制御。
「 SET 」 は、目標ブースト値にするためのソレノイドバルブの稼働率。
「 GAIN 」 は、目標ブースト値に到達後の制御です。

簡単に言うと、「 SET 」 と 「 START BOOST 」 によって立ち上がりからオーバーシュートまでを制御。
オーバーシュート後 ( 目標ブースト値に到達後 ) は 「 GAIN 」 で調整って事ですね。

さすがに Profec のほうが設定項目が多いだけあって、各設定には 「 足かせ 」 になるような反作用がない。
より自由度が高いのが私好みかと。

もちろん EVC と Profec とでは根本的な制御方法が違うワケだし、どちらも一長一短あることでしょう。
Profec は自由度が高い分、セッティングは大変だろしね。
EVC は Profec ほどの自由度がない代わりに安定性には定評があるし。

このあたりの良し悪しは個人の好みや、エンジン特性との相性、セッティングの方向性でも変わると思います。



備考

 
関連ページ : トラスト

※ 記事掲載日 : 2019/08/23

大好評! オリジナルユニット!

オリジナル通販

特別仕様商品

IMPREZA-NET

BRZ & 86