▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
WRX-STI (VAB)、WRX-S4 (VAG)、レヴォーグ (VMG/VM4)
 
純正または純正互換 カーテシランプ取付加工(2)
 

WRX-STI (VAB)、WRX-S4 (VAG)、レヴォーグ (VMG/VM4) カーテシランプ取付加工 その2

 
 S-carft (ないる屋) 社で行っている カーテシランプ取付加工 のご紹介の 「 その2 」 です。
 
 【 これまでのお話 】
  純正または純正互換 カーテシランプ取付加工
 
 
 今回は、よくあるご質問で 「 ランプユニット 」 について解説致します。
 
  
 
 カーテシランプの無い WRX-STI (VAB)、WRX-S4 (VAG)、レヴォーグ (VMG/VM4) にカーテシランプが付く!!
 
 ちゃんとドアを開けるとランプが点灯するようになります♪
 
 
 ↓ このように純正ランプユニットを使わずに、純正互換品の社外ランプユニットも使用可能。
 
 
 これは社外の 「 ロゴ照射タイプ 」 のランプユニットを使用した例です。
 ドアを開けると、足もとの地面に スバルのマークが綺麗に映し出されます!
 
 
 
 
【 純正ランプを使用する場合 】 ----------------------------------------------------------------
 
   
 純正のランプユニットを使いたい場合は、スバル純正品番 : 84671K000 を使います。
 
 フォレスターや、アウトバック、GJ/GP 系のインプレッサなどで使われているランプのようです。
 社外品と違ってロゴは照射しませんが、その分、足もとをしっかり照らすことが出来ます。
 
 似た形状で違う品番の物もありますが、コネクターが違って使えませんので要注意です。
 
 
 なお、純正は普通の電球です。 黄色っぽい光なので、LED 球に交換して使うのがお薦めです。
 
 
 
 
【 社外ランプを使用する場合 】 ----------------------------------------------------------------
 
 
 社外品は、いろいろなタイプが売られています。
 どれも一長一短ありますね (笑)
 
 形が似てても性能が違っていることがよくあります。あくまでも参考程度ということで、ご容赦下さい。
 
 
 
 Amazon で購入した社外のカーテシランプユニットです。 ( スバルのロゴマーク照射タイプ )
 
 クリアパーツ部分は、厚みもあってしっかりとした作りです。
 
 ただし、そのせいか微妙にサイズが大きめで、このサイズに合わせて内張に穴開け加工をすると、他のランプユニットでは
 少し緩くなってしまいます。 (^^ゞ
 
 それと、このユニットには、自動消灯の機能はありませんでした。
 
 
 
 
 
 Yahoo! ショッピングで購入した社外のカーテシランプユニットです。 ( スバルのロゴマーク照射タイプ )
 
 こちらは、自動消灯の機能付きでした。( ドアを 約 3分 開けっ放しで自動で消灯 )
 
 その分、こちらは少々、作りが弱いですね。。。 (^^ゞ
 取付時は問題ありませんが、内張からランプユニットを取り外す際、黒い蓋パーツ ( 上の写真の黄色の矢印の部分 ) が、
 外れやすいので要注意です。
 
 外れてしまうと、中身の 「 ロゴ照射用のパーツ 」 がバラバラになってしまい、組立が結構面倒です (苦笑)
 
 
 ↓ その対策方法はこちら
 
 
 横面にテープを貼って、簡単に蓋が外れないようにすれば OK !
 
 普通のセロハンテープ等を貼っておけば、問題無いと思います。

 ちなみに私はカッティングシート ( 屋外用で、割と伸び縮みするタイプ ) を切って貼っています。
 カッティングシートは、ビニールテープのように使えますが、ビニールテープのようにベト付いたり、剥がれて来たりしません。
 もちろん、セロハンテープよりも耐久性があります。
 電気系の DIY でも絶縁処理などに重宝しますのでお薦めです。
 
 
 
 
 ↓ 上の写真と同タイプで、「 STI ロゴマーク 」 を照射する物も売られています。
 
 
 これも Yahoo! ショッピングで購入したロゴ照射タイプ。
 STI マークが何ともカッコ良い!!
 
 自動消灯の機能付きでした。( 開けっ放しで 約 2分ぐらいで消灯 )
 
 
 
 
 ドアスイッチについての詳しい解説はこちら をご参照下さい
 
 リアドアの施工例についてはこちら をご参照下さい
 
 

備考

 
 施工受付ホームページ : S-craft (ないる屋) カーテシランプ取付加工
 
 ※ 記事掲載日 : 2016/04/07

ページの上部へ