▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
新型 WRX-STI ( VAB )
 
フルノーマル状態でのパワー計測
 

新型 WRX-STI ( VAB ) フルノーマル状態でのパワー計測

 
 早速ですが、新型 WRX-STI をダイナパック式のシャーシダイナモでパワー計測を行いました!
 
 
 
 【 1回目の計測 】
 
 
 
  計測データ
  
    日時 : 2014年09月25日 納車後ちょうど1ヶ月
    天候 : 晴れ 気温 約30度
    場所 : スーパーオートバックス熊谷店 ( 埼玉県熊谷市 )
    車両 : 完全ノーマル
    備考 : 使用オイル ネオプロテックス F オイルシリーズ F-R10w-50
 
 
  計測結果は 303.8馬力、トルクは 42.1キロです。
  カタログスペックには少々届かなかったですが、まあ、平均的な数値です。
 
  計測1回目から、かなり綺麗にまとまったカーブを描いていますね。
  さすがに熟成しきった EJ20型エンジンと言ったところでしょうか。
  まるで名チューナーが現車合わせでセッティングを行ったような感じのグラフです。
 
  ではこのまま続けて 2回目の計測を行います。
 
 
 
 【 2回目の計測 】
 
 
 
  純正ECUが 1回目の時の状態を自己学習し、自動で補正をかけて最適化されていますね。
 
  最大馬力は 0.1ほど下がっていますが、馬力もトルクも全体的には上がっています。
 
  例えば、4000回転あたりを見てみると、
 
   1回目の計測   4000回転で 約 195馬力、 トルクは約 34キロ
   2回目の計測   4000回転で 約 205馬力、 トルクは約 36キロ ( 10馬力アップ、トルクは 2キロアップ )
 
  また、6000回転あたりからの落ち込みも改善され、高回転でのパワーも 1回目と比べて安定したカーブになっていますね。
 
 
  このように、なにもしてないのに純正 ECU が自動で 「 かなり良い状態へと最適化 」 してくるあたりは
  EJ20型エンジンの熟成具合を物語っていると言えるでしょう。
 
 
  ただし、私的には 300馬力ぐらいでは物足りないので(笑)、ここがスタート地点という事になりますね〜
  チューニングによって今後どれだけパワーやトルクを上乗せできるか、楽しみです!!
 
 
 
 
 ↑ ダイナパック式シャーシダイナモでパワー計測中の新型 WRX-STI ( VAB )
 
 
 
 ↑ 計測を行っているのは、ECUチューニングで有名なカリスマチューナー、ティーゲット社 の境さんです。
   チューニング前のノーマル状態を入念にチェックしているところ。
 
 
   まずは HKS のフラッシュエディターを使ってパワー&レスポンスアップに挑戦する予定です。
   お楽しみに! (^o^)ノ
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2014/09/27

ページの上部へ