IMPREZA-NET

▲ カスタマイズ & DIY & チューニング 「 ホント 」 のところ メニューへ
 
ECU チューニングの注意どころ
 
チューニングにおいての最近の傾向
 

ECU チューニングの注意どころ

 
以前から書いて来ましたが、近年のチューニングは
パーツ交換とともに ECU も一緒にいじるのが基本です。

今回のお話はこのあたりのホントのところについて。



まず、近年の純正 ECU は細かい制御が行われているので
ただマフラーやエアクリを交換しても ECU エラーが出やすく
エンジンチェックランプを点灯させてしまう原因になったり、
安全性確保のため必要以上にパワーが出ないよう ECU の
機能によって性能が抑え込まれてしまいます。

なので、その封印を解くべく ECU をいじる必要が出てきます。



一番有効なのは、フルコンやサブコンを使った現車合わせです。
車両や取り付けるパーツの個体差に合わせてセッティングを
行うことで確実にパワーやトルクを引き出せます。

昔と違って今はサブコンやフルコンでもある程度の自己学習が
使えますから、昔ほどシビアなチューニングというイメージは
なくなりましたが、その分、高価で気軽さは無いですね (^^ゞ

それと、パワーを求めるほどシビアになります。
季節毎にリセッティングがある程度必須と言えます。

まあ、パワーを得る引き換えに、コストがかかるというのは
致し方無いといったところでしょうか。



汎用性が高くて気軽に行えるということでしたら、当サイトの
フラッシュエディター特別仕様版 」 がお薦めです。

純正 ECU を書き換える事で、後付けチューニングパーツ向けの
セッティングになり、純正 ECU の自己学習もそれに合わせて
行われ純正状態よりもパワーやトルクを引き出す事が可能です。

ただし、ここで注意が必要なのは、ただ何でも社外パーツを
取り付ければ良いワケではなく、パワーやトルクを求めるならば
一定品質以上の優れたパーツで全体的にバランス良く取り付ける
必要があります。

基本的には HKS 製品の使用を想定したチューニングデータに
なりますから、それ以外のメーカーのパーツだとセッティングが
活かせない場合もあります。

特に、最近の傾向として日本メーカー品であっても実際は海外製の
安物パーツだったりする事が多く、安易にお手軽価格品を付けると
かえってパワーが落ちたりトラブルの原因になるので要注意です。

それと、純正 ECU を使っている関係上、自己学習によって危険域を
避けようと働くため、取り付けたパーツやその組み合わせによって、
もしくは、運転の仕方によってもパワーを抑えるよう制御が働きます。

より良いパワーやトルクを求めるならば、パーツの選択は重要ですし
ECU がより良い学習をするよう、走り方もそれに適応させて行くのが
パワーを得る近道と言えるでしょう。

また、パワーが出るほどエンジンからの発熱量も増えてしまうので
熱対策も非常に重要になって来ます。
冷却効果の望めるエアロボンネット、強化ラジエター、オイルクーラー

の導入も視野に入れるべきです。
オイルの劣化も早まりますから、こまめにメンテも行いましょう。




備考

 
※ 記事掲載日 : 2019/06/04

大好評! オリジナルユニット!

オリジナル通販

特別仕様商品

IMPREZA-NET

BRZ & 86