▲ カスタマイズ & DIY & チューニング 「 ホント 」 のところ メニューへ
 
 
2.2リッター化について
チューニング : エンジン系のお話し

2.2リッター化について

 
 前回の 「 ピストン棚落ち 」 のお話し でも少し書いた 2.2リッター化とは…
 棚落ちさせないための対策として、または、実際に棚落ちしてしまったエンジンや
 その他の原因でブローさせたエンジンを復活させるために行う場合があります。
 
 今回は、この 2.2リッター化についてのホントのところのお話しです。
 
 
 
 2.2リッター化と言うと、排気量アップが目的のように思われがちですが、
 本当の目的は全く別です。
 
 そもそも、2.2リッター化しても増える排気量は約 130cc ほどしかありません。
 200cc のコップで例えるならば、半分と少々。。。
 
  ※ 市販の 2.2リッター化キットの排気量とノーマルエンジンの比較
 
     2.2リッターキット : ボア 92.5mm × ストローク 79.0mm = 4気筒分の総排気量 2123.5cc
 
     2123.5cc − EJ20 ノーマル排気量 1994.3 = 約 130cc
 
 たったこれだけの排気量アップを何故やるのか?
 それは壊れにくい頑丈なエンジンにするためです。
 
 
 
 EJ20エンジンの壊れやすい部分や、弱点として、
  ・ ピストン
  ・ クランクメタル
  ・ クランクケースの剛性不足
 などが挙げられます。
 
 また、パワーを上げるには
  ・ 強化クランク
  ・ 強化コンロッド
 などを導入し、上がった分のパワーをしっかり受け止める必要もあります。
 
 これらの事から、
  ・ 鍛造ピストン
  ・ WPC処理済みのメタル
  ・ 高精度 & 高剛性の強化クランク
  ・ H断面の強化コンロッド
  ・ オイル循環を安定させ、クランクケース剛性も上がるオイルパンバッフルステフナー
  ・ ケース剛性不足を補う強化メインボルト
 が必須となります。
 
 
 ちなみにクランクは EJ25 の純正クランクを流用することも可能ですがお薦めは出来ません。
 確実に大パワーを受け止められる社外強化品が良いでしょう。
 
 
 
 …で、これだけのエンジンを作るとなると、それなりに費用も高額になってしまいます。
 その 「 価値 」 を守るにはどうすれば良いか?
 
 その方法とは、、、
 ますは、公認車検を取得しましょう。 ( 公認化の記事はこちら
 公認化することで、その価値がハッキリとしますし、売却時にも堂々と売れます。
 
 そして、公認化すると 「 任意保険 」 の車両保険に 2.2リッター化した分の金額を
 上乗せする事が可能になります。 ( 合法車両になれば、保険の対象となります )

  ※ 2.2リッター化した際の金額の明細を保険会社に提出し、その価値の分を増額する
 
 つまり、なにかあった時は、保険金がおりるワケ!
 
 
 
 強化パーツを使ってチューニングに耐えうる頑丈なエンジンを作る。( 棚落ちなど、エンジンブローからの防御策 )
 そして、公認化 & 車両保険で、なにかあった時に備えて守る! ( エンジンの価値を守るための防御策 )
 
 この 「 二段構えの防御策 」 こそが 2.2リッター化の真髄と言えるでしょう。
 
 
 
 ※ 車両保険を増額出来るかどうかは、各保険会社の契約条件等によって異なると思います
 
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2018/10/07

ページの上部へ